1. トップページ
  2. 30代アラサーで肌から透明感が消える理由

30代アラサーで肌から透明感が消える理由

肌の透明感がない……と気づくのは30代に差し掛かった頃というのが圧倒的に多くなります。

この理由がまさしく透明感条件の減少です。何をすればいいのか?30代前後なら40代に向けて透明感を復活させることは比較的容易です。

30代前後で肌を作る力が急に衰える

なぜ30代前後で透明感がなくなりやすいの?

ターンオーバー周期が遅くなり、表皮細胞を作る力が弱まってくるからです。いわゆるお肌の曲がり角というのがこれです。

ターンオーバー周期が遅くなり、表皮細胞の発育が弱まるとキメが荒くなってきます。本来なら透明感にすぐ影響を及ぼさないのですが、20代から続けているスキンケアや生活習慣はそのままですよね。それがターンオーバー悪化に拍車をかけてしまうため、30代前後でガクッと透明感が落ちてしまうのです。

肌の透明感とは?何が必要なの?

透明感を戻したいなら洗いすぎるな!

30代は何をすればいいの?

年齢を重ねれば誰だってターンオーバーは弱くなります。それに応じてスキンケアを変えるしかありません。今までのやり方を続けると透明感を失い続けるでしょう。

具体的に何を変えればいいのか?

絶対に見直すべきなのは洗顔とクレンジングです。

20代までは汚れやメイクを落とすことが大事だと思っていたでしょうが、これからは「落とす」より「むしろ残ってもいい」くらいでやってください。

多くの女性は基本的に「洗い過ぎ」です。男性より皮脂が少ないのに、洗顔時間が長い上にクレンジングもするからです。これは肌に汚れやメイクを残すと肌老化を引き起こす、肌に悪いという思い込みがあるからですね。

でも透明感がある肌はバリア機能がしっかりしているため、特に目に見えて残っているような汚れやメイクでない限り影響はありません。

10代、20代前半のときは、洗いすぎていてもセラミド量が戻っていたため肌のキメが荒れずに済んでいたのです。でも30代に差し掛かるとセラミド生産量がガクッと落ちてきます。それなのに洗顔やクレンジング内容は変わっていない。だから肌が乾燥してキメが荒れ、透明感を失うのは当然なんです。

洗顔料とクレンジングが及ぼす透明感への影響は、

透明感が出る洗顔料は嘘

クレンジングで肌の透明感は大きく変わる

で詳しく書いています。

洗いすぎていると何しても無駄と覚えておいて

洗顔やクレンジングだけで透明感が出るとは思えない!何か他に方法はないの?

まず、洗顔とクレンジングで洗いすぎているなら、他に何しても透明感は戻らないと思ってください。これは確かです。

透明感を出すために他にできることはあります。でも洗顔等で打ち消してしまうことには注意!

その上で方法をお伝えすると、結局はターンオーバーを正常化させる。そのためには肌のバリア機能を高めて維持する。これしかないんです。洗顔等はバリア機能を一時的に壊すため、やりすぎると透明感を失う原因になります。

肌の透明感の必須条件はバリア機能維持

肌のセラミドをできるだけ減らさず、補って増える環境を整える。これがバリア機能維持につながります。

10代や20代前半は無茶が効いていただけで、別にその時代のスキンケアが正しかったわけじゃないんです。30代を超えても周りより肌が綺麗な人は、10~20代に間違ったスキンケアをしてこなかった人です。何もその人の肌が特別遺伝的に綺麗というわけじゃないんですよ。

なかなか納得できないでしょうが、素肌の透明感を手に入れたいなら今しかないです。40代になるとさらに難しくなります。60代でもそれなりの透明感は出ますが、30代なら20代と変わらないレベルまで戻すことはできますので

ケア方法については:素肌の透明感を出す方法

このエントリーをはてなブックマークに追加