1. トップページ
  2. 肌の透明感を作る美容液やクリームなんてない

肌の透明感を作る美容液やクリームなんてない

肌の透明感が欲しい!となった場合、何か化粧水や美容液、クリームを探したりしませんでしたか?

化粧品ブランドの宣伝ページをスマホで見て、透明感という記載を探したり、使用者の口コミを読んでみたり……

でも、ツヤはあっても透明感が出ました、出ますというのはあまり見かけないですよね。

それもそのはずで、化粧品で透明感を作るというのは絶対に不可能なんです。

透明感を出す効果がある化粧品は存在しない

本当に透明感効果がないの?無理なの?

無理です。どれだけ高級な美容液だろうが化粧水だろうが、クリームをこってり塗ろうが無理です。透明感を肌にもたらすことはできません。

透明感とは、

  • 肌のキメの細かさ
  • 肌水分量

の2つで決まりますが、特に重要なのがキメの細かさです。これによる細かい光の乱反射こそが透明感の母体だからです。

肌の透明感とは?何が必要なの?

では、肌のキメを細かくする化粧品ってあるのか?というと、さすがにないです。そんな効果があったら誰でも使うでしょう。

つまり透明感を作る化粧品なんてないってことです。

透明感がすごい人の愛用化粧品

じゃあ透明感がすごい人が使ってる化粧品って何なの?関係ないなら何使っても透明感が出るってこと?

透明感条件を満たすには、肌のターンオーバーを常に正常に維持すること。それだけです。それさえできていれば、肌は勝手に綺麗になりますし、透明感を出し続けます。

透明感に溢れる肌の持ち主が使っている化粧品。それは特別なものではなく、特に高級化粧品ということもありません。

  • その人の肌質に合っている(刺激になる成分が入っていない)
  • 肌水分量を保てる
  • 使い心地や使用後の見た目でストレスがない(使っていて不満がない)

これくらいです。

例えば皮脂が多いのにオイル保湿するのはおかしいですし、皮脂不足なのにオイルフリーというのも違います。

またビタミンCがいいと聞いても、製品によって、もしくは肌質によって刺激を感じる人とそうでない人に分かれます。

こういった個人差について素直になり、誰々がいいと言っていたから私にもいい!という思い込みをして使い続けないことです。肌に刺激になっている化粧品はターンオーバーを乱します。つまり透明感を消してしまう化粧品ということです。

あとは使い心地や使った後の見た目なども重要です。良いと思うけど使いにくいと感じるならやめるべき。透明感を出す効果のある化粧品なんてないのですから、

そして肌水分量を保てるもの。化粧品の機能、性能としてはこれがあれば十分です。余裕があれば、肌に合って刺激とならない美白機能もあればそれも可能です。

透明感を邪魔する価格帯の化粧品はある

価格はどれくらいのものが使われているの?

あまり安いプチプラ化粧品は使っていません。プチプラ化粧品は主に10代や20代前半の人が愛用していますが、それは肌のターンオーバーが活発だからデメリットに気づいていないだけです。

プチプラ化粧品などの安いコスメは、原材料の品質や製品製造過程に少し難がある傾向です。絶対ではありませんが、微細な不純物や植物エキスを抽出する際の溶剤残留濃度が多いといったデメリットがあります。

これらデメリットは30代前後のアラサー肌くらいから過敏に反応します。この年代で基礎化粧品が肌に合わなくなってきたと感じるのは、それだけ肌のバリア機能が落ちて、今まで感じなかった刺激を感じるようになるからです。

肌の透明感を作る化粧品というのはないにしても、化粧水なら100mlで3,000円前後のものは使いたいですね。この価格帯から5,000円くらいのものまでがおすすめ。高くても1万円以上はほとんど差がなく、ブランド価値になります。

透明感にはセラミド主体の化粧水・クリームが基本

具体的にどんな化粧品がいいの?オールインワンでもO.K.?

肌の透明感はキメの細かさと肌水分量。これを作るのは正しいターンオーバー周期。これだけです。

そのために化粧品が貢献できることは、肌水分量をしっかり維持させることだけ。これだけです。おまけでメラニン生成を抑えて色ムラが出ないようにすること。

人の肌の肌水分量はセラミドが維持しています。だからセラミドを補える保湿化粧品がベスト。

セラミドは脂質なので水には溶けづらいです。だから油分を含む美容液やクリームが効率よく補えます。

オールインワンゲルに関しては、ダメとは言いませんがかなり肌質を選びます。というのは、オールインワンゲルは一つで済ませられるけど妥協したくないという女性向け。だから成分があれこれ入りすぎている傾向で、人によって肌荒れしたりと口コミ差が激しいのが特徴。

セラミドオールインワンゲルもありますが、ヒアルロン酸やその他成分で肌をしっかり覆うものが多いですね。これはオールインワンゲルという一回だけの塗布なので、それだけ使った感じに満足感を与えているためです。でも肌にとってはやや不自然。やはりシンプルに基礎化粧品2点だけがおすすめです(化粧水・クリーム)。

セラミドは最も効率に優れたヒト型セラミド。これを主体としていることがはっきりと分かるブランド。ここの化粧水とクリームが基本。予算に都合あれば美容液を追加しても構いませんが、基本的に2点のみで透明感ケアは十分です。化粧品が透明感を作るのではなく、肌が作るのを邪魔しないように助けるのが化粧品の役割です。

このエントリーをはてなブックマークに追加